BbTrumpet | Yamaha YTR-934L

attached.jpg

今メインで使っている楽器...2010年3月現在(笑)

最近重い楽器指向だったけど、まだまだ自分の実力では鳴らせないと判断(悲)...転じて軽い楽器にする事にして、蔵から引っ張り出して来やした。

ヤマハの初代カスタム(1975-1980年製造)...かのシルキーとの技術提携で出来た楽器。

Lボアなんだけど小ぶりなベルなので、鳴り方は広がる事無くコンパクト(正直ボアの違いによる吹奏感なんか良く分かりませんがね...笑)。

主管にパッチ処理してあるし、粒状の凹みはあちこちあるし、バルブの密閉具合も甘くて音のキレがイマイチだけど、キッチリしすぎていないところがいい。

逆に音のヌケは申し分なし...

まぁ自分の実力じゃね(>_<)。

※2011年売却


JUGEMテーマ:トランペット


Trombone | King 2B



新人君にTbを貸したので、自分の就職祝い(笑)も兼ねてKing2Bの中古を購入...。

※中古市場の相場は確実に値下がりしているよう...かなり安く購入できた(^o^)v。

就職祝いどころか、楽器が届いてから忙しくて全く楽器を触ることが出来なかったけど、夜中に5分間だけ吹いてみた。

安手の楽器では出ないKingの音がする...。

※2013年売却


JUGEMテーマ:トロンボーン


BbTrumpet | m.c.b. Brasspire 916



↑ Monetteではありません。

詳細画像

マックコーポレーションがプロ用に企画・製作したハンドメイドのラッパです。

国内初入荷3本の内の1本...シリアルNo.も"00002"

メーカーから試奏で送ってもらって、そのまま購入...。

ノーラッカーでヘヴィウェイト..."楽器の鳴り(素質)をそのままに"というコンセプトというメーカーの意図がしっかり伝わってくる楽器かと思います。

とても素直な楽器で、ツボに入ると気持ちのいい鳴り方をしてくれます。でも、力んだ吹き方をすると途端に応えてくれず、ごまかしがきない面もあります。

↑ 要は、下手さ加減がそのまま露呈しちゃうって事...笑。

音色は中低音域は倍音豊かな暖かみがあり、高音域になると華やかになります。

自分にとってJazz〜Classicで演奏を楽しむことについて、ニュアンスは違えど声は一緒だと思ってて、楽器も双方のシチュエーションで楽しめるセッティングだったら楽しいと思って使用。

バルブアクションや各接合部、管内の切断面などの仕上げもしっかりしていて好感が持てます。

http://www.maccorp.co.jp/MCB/index.html

※2012年9月売却


JUGEMテーマ:トランペット


BbTrumpet | ZORRO Model II

画像0009.jpg

詳細画像

Sanada & Co. ZORRO Model

眞田貿易さんオリジナルのトランペット"ZORRO"です。とても鳴りが良くて気に入っています。



ZORRO君に彫刻を彫ってもらいました(^-^)。

出来映えに大感激!!

一生手放せない大切な楽器になりました(^O^)。

2007.10.14 初稿
2009.02.11 更新

詳しくは→Click


JUGEMテーマ:トランペット


Trumpet in C | Cello & Coo SP



遊びのC管のつもりが、アンサンブルでも使いたいなぁ...と思い始めて取り寄せた。

雑誌で、最近取り上げられることの多い"Cello & Coo"ブランドのC管。

ベルはゴールドブラスで、シルバープレートのお陰で音色は明るすぎず、しなやかな印象。



価格・鳴り・ピッチ・楽器質感共に合格点かな。

※2012年売却


JUGEMテーマ:トランペット


Alto Horn | Yamaha YAH-202



↑ユーフォニウムじゃありません(笑)

詳細画像

逆に、アルトホルンらしからぬ管の巻き方...通常のよりベルの胴が太めになっていて、より柔らかめの音が出るように設計されているそうです。アルトユーフォニウム?...ちなみに廃番になってて、ヤマハのカタログにはもう掲載されていません。

たまたま近所の楽器屋さんに遊びに行ったら置いてあったので譲ってもらいました(格安!)。



MPは同社の"AH38D4"という型番...深めのEuのMPをそのまま小さくした感じ。

アルト音域は音の感覚が全然つかめないけど、メロフォンよりは吹きやすいかな?

レギュラーホルン吹きが不在のつるすい@ブラスや、ソロ楽器で使えそうです。

この間、アンサンブルのメンバーから突っ込まれたけど、ここまできたら"アルトトロンボーン"もほしいなと思う今日この頃...。

忘れてはいません、ラッパ吹きであることは(笑)

コレクターではなくて、子供の機械いじりや、プラモ収集と同じ感覚です...チープな楽器で遊んでますから。

詳しくは→Click


JUGEMテーマ:楽器


Piccolo Trumpet | J.Micheal TRP-700S



えっと...買っちゃいました。

最初に吹いた時の印象は、ひどく音程が悪くて大変な楽器仕入れちゃったぁ...と、思っていたのですが、たまたま音大生の子が遊びに来て"吹きやすくていいっすねぇ"と、バロックのフレーズをきれいに吹きやがった(あ、吹いてらした)。

いつもながら自分の未熟さを思い知ったので、コントロール出来るように練習してみようかなと。

小さい楽器はツボを当てる"精度"が要求されるので、吹いてて結構大変。まして、初心者モデルゆえにどんな吹き方しても楽器は鳴ってれるから、自分で狙い打つ感覚で当てていかないとってな感じ。

ちなみに、マウスピースはコルネットシャンクのため、取り急ぎヤマハの"7A4L"をチョイス。

ジャスコのお客様感謝デーのフレーズを吹けるようになりたいなぁ...結構音が高くてまともに吹けない(@_@)。

さて、この楽器で本番はあるのでしょうか?...

http://www.maccorp.co.jp/index.html

※2013年売却


JUGEMテーマ:トランペット


Mellophone | Yamaha YMP-201



管Gフェアの店頭ディスプレイ用に、何かないかなぁ?...と、オークションを物色してたら見つけてしまった。

"めろふぉん=Mellophone=メロフォン"

シャレで5,000円だったら買うなぁ...と思ったら落札してしまった(笑)。

届いてみてびっくり!

大したへこみも無いしカビ臭くもなく、充分使える状態...早速自宅で試奏してみた。

何とも素朴な音色がする(^-^)。思わず上野の森ブラスの"紅の豚"ホルンソロを一生懸命練習してしまった(笑)...気分だけ"ほるにすと"。

僕の中学生時代の頃は、まだNikkanの楽器があった頃だし、このメロフォンも現役だった。懐かしい思いにかられるのは否めない。



この楽器の生い立ちなんかを、ネットで検索してみたけど、根強いファンがいるみたい。んで、"ホルンの代用品とは違う"と切々と書き綴った文面が見られるけど、正直そんなことはどうでもいいんじゃない?...って思う。

じゃぁ、この間スライドトランペットやバルブトロンボーンはうそ臭いと言った発言は?ってことになる訳で、一貫性の無い僕の脳みそが明るみになりましたね。

ホルンと同様のMPのリムやカップの形状を見る限り、少なくとも国内ではホルンの代役として、普及品的な位置づけだったことは確かだと思われます。

ピストンのお陰で音の切れはいいけど、やっぱ丸いせいで音が当て辛いのは確か。

結局、状態が良かったのでフェアのディスプレイには使っていません(笑)。

あとお約束で、使う場面は当面ありませんけどねぇ...。

※2013年売却


JUGEMテーマ:楽器


Euphonium | Yamaha YEP-321



たまたまオークションで目に付いた痛々しい姿のユーフォニウム...ヤマハのYEP-321。

往年の並列4ピストン...学校の備品と言えばこの型。

ダータ同然で入手。



ヾ鋲眄浄&外観錆び落とし
▲團好肇鷂λ
H瓦差し管パーツを入手して磨り合わせ

ってな補修を施し見事再生。

はて、使う場面&見込みは当分ありませんけどねぇ...。

※2014年売却


JUGEMテーマ:楽器


BbTrumpet | YAMAHA YTR-233改



YAMAHAのステューデントモデルYTR-233を入手しました。
1970-75年頃の製造で、アメリカシルキー社から技術提供を受けて真っ最中の、正真正銘のMade in Japanです(^o^)。

30年も経過したとは思えない良い状態で、前オーナーがより実用的ということで、第一・第三トリガーを後付けしています。



とにかく楽器の質感がいいですね。現行の楽器と比べても仕上げが丁寧ですし、管体の肉厚も現行の中級モデルに全く引けをとりません(現実、僕のZORRO君よりも重い...ヘヴィーウェイトにしてるのにも関わらず)。バルブボタンから全てブラス(真鍮)です。

んで、Mボアなんですよ・・・今のボビー・シューモデルなんかの原形と言っても過言じゃないでしょう。ベルは123mmのノーマルベルですけどね。

落ち着いた音でなかなかいいっすよ。

初代のTR-232がアメリカのスタジオ系ミュージシャンの支持を受けたという逸話(雑誌Pipersより)も何となくうなずけます。

ヤマハとシルキーのネタはまた後日...

http://sound.jp/imperiale-japan/232.htm
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/1497/

※2012年売却


JUGEMテーマ:トランペット