C Trumpet | XO SDC-GBS



詳細画像

必要に迫られて、2年くらい前に購入。
XOブランドのC管です。

ベルはGBですが、明るめで艶のある音色がします。師匠の先生から試奏してもらった時、ピッチも問題ないとのお墨付きを頂きました(^O^)v。

詳しくは→Click


JUGEMテーマ:トランペット

Flugel Horn | Carol Brass GFL-6200-GSS



詳細画像

国内では、眞田貿易さんで発売している「ZORRO」トランペット(現在QueenBrassブランド)がとても評判が良く、世界的に評価を高めているホクソン社のフリューゲルです。

輸入・販売店のJoybrassさんのコメントによれば、「台湾の多くのメーカーが実質的な生産拠点を中国へと移転するなか、ホクソン社はすべてのパーツを台湾で製作することにこだわり、常に高い品質を保っている新進気鋭メーカーです。 」との事。

ダークで柔らかいという同楽器のイメージからすれば、明るく艶のある音色で、好みの分かれるところですが、取り回しが楽なので、持ち替え楽器としては必要充分です。ピッチも良いです。

詳しくは→Click


JUGEMテーマ:トランペット

JUGEMテーマ:吹奏楽

JUGEMテーマ:アンサンブル



Trombone | Yamaha YSL-645



もう1本、紹介です。

1975〜1984年製の楽器かと思われます。

中細管でベル8インチ、ベル、スライド共にイエローブラス...この仕様は現在廃番になってます。

楽器屋さんで廃棄寸前のを、リペア代のみで購入。なので抜き差し管とバランサーが当時の"樽型バランサー付き"ではなく、Xenoの物を流用してあります(笑)。

反応が良く吹きやすい反面、あまり重厚感はないです(笑)。自分のレベルにはちょうど良いです。

吹奏楽などで、たまぁ〜〜〜に使います。

※2013年売却済み

JUGEMテーマ:トロンボーン


Trombone | Yamaha YSL-651

attached.jpg

1970〜1975年製の楽器かと思われます。

細管でベル8インチ、レッドブラスベル、スライド外管はキュプロニッケル...この仕様は現在廃番になってます。

往年の"樽型バランサー"です。

楽器屋さんで廃棄寸前のを、リペア代のみで購入。

かなり概観はボロいですが、まだまだ現役です。

ず〜と寝かせておいたのですが(かといって熟成しませんが...笑)、たまたまビッグバンドの練習で使ってみたら、なかなか良い感触。

僕みたいなレベルでも、楽器が良く反応してくれるし、コントロールしやすい!ビッグバンドの大音量でもモニタリングしやすいのも良かった(^_^)v。

当分メインで使ってみようかなぁ〜。

※2013年売却済み

JUGEMテーマ:トロンボーン


BbTrumpet | Vincent Bach Stradivarius 18037



詳細画像

借り物ですし、僕がコメントするには及ばない程、定番中の定番...グローバルスタンダードな楽器です。

メーカーHPより...

"Stradivarius" - .459" Medium-large bore, standard weight body, standard weight yellow brass one-piece hand-hammered #37 bell, standard construction #25 mouthpipe, monel pistons, clear lacquer finish. Comes with Bach 7C mouthpiece and a zippered Cordura covered wood shell case


37ベルの、25マウスパイプ...ベルの材質、メッキの違いはあれど、日本の吹奏楽界では一番出回っていると仕様と思われます。

この楽器自体は、シリアルNoから、1980年代の製造と思われます。

吹奏楽での練習や本番で何度か使っています。

明るすぎず、暗すぎず...吹き方次第でクラリネットとのブレンドも良し。よく音が響き渡り、明瞭なアタックや全音域均質な鳴り(楽器の個体差が大きいですが)といったオールマイティーさも、この楽器の魅力かと。勿論、ジャズ・ポピュラーでも使っている方はたくさんいらっしゃいます。

と、ありきたりなコメントはここまでにして...。

8月に入り、調子を崩しまして。

リハビリを兼ねて、基礎的な事をもう一度見直したんですよ...。

そこで一役買ってくれたのが、このBach。

とあるプロの方が、"Bachは吹き方を教えてくれる"と言った、なじみのフレーズが思い起こされます。

息の使い方、アタック、アンブシュア...いろんな角度から検証しました。

立ち止まった時に、立ち返る...Bachはいろんな事を教えてくれます。

もちろん、まだまだ鳴らせませんけどね(痛)。

メーカーHP:http://www.bachbrass.com/


JUGEMテーマ:トランペット


Slide Trumpet | Jupiter ST-314L

以前にも紹介した台湾の管楽器メーカー"Jupiter"→http://satonet.jugem.jp/?eid=69

遊び心満載の楽器を市販で出してくれるのですが...。



↑ スライド・トランペット

もう、かなり前から巷に出回ってますし、"ピッコロ・トロンボーン"として昔から存在したそうなので、目新しさはないんですけどね。

買ってから2年ぐらい寝かせてた?放置してた?...楽器です。楽器さんゴメンネm(_ _)m。

んで、今吹いてみると...なかなか楽しい(笑)。

どうでしょう?ん〜

マウスピースをドイツ管用のカップを深めにして、リム内径も大きめでセッティングしたら、"っぽい感じ"になるかも。

"っぽい感じ"っていうのは、スライド・トランペットじゃなくて、ピッコロ・トロンボーンとして捉えたらの話。

ベルが5インチぐらいあったらなぁ...。

トロンボーン・アンサンブルではアルトとも離れちゃって難しいかなぁ?

ブラスクインテットで2本持ちかえてとか、アリかも知れませんね。

株式会社グローバル(輸入元):http://www.global-inst.co.jp/products/trumpet/jupiter.html

※2013年売却済み

JUGEMテーマ:トランペット


BbTrumpet | XO RV-S

attached.jpg

詳細画像

グローバルさんで企画・販売(生産は台湾のJupiter社)されたラッパです...って、説明不要な程人気ブランドになりましたね。

車に例えるなら"ちょうどいい"がキャッチフレーズのホンダ車のイメージですかね?

価格帯も上位機種から見ると若干リーズナブル。

使用用途、志向を突き詰めた高級車ではなく、広く受け入れられる購買層設定っていうところでしょうか?

程良い抵抗感、音程の良さ、表現のし易さ...全体的に"ちょうどいい"感じです。

詳しいスペックは↓
http://www.global-inst.co.jp/products/trumpet/xo.html

ラッパもトロンボーンも、ベルの材質としてイエローとか、ゴールドとか、希にレッドとか選べますが、僕は結果的にイエローが好みのようです。持っている楽器のほとんどがそうです(笑)。

詳しくは→Click

※2015年4月売却

JUGEMテーマ:トランペット


Cornet | Yamaha YCR-334

20110315_2240093.jpg

詳細画像

仕事の営業車に乗っけておいて、時間のとれる時に吹く用です。

と言っても仕事のノルマがきつくて、なかなか吹けないんですがね(T_T)。

詳しくは→Click


JUGEMテーマ:トランペット

JUGEMテーマ:吹奏楽

JUGEMテーマ:アンサンブル



Trumpet | C.G. Conn Vintage One BSP

attached.jpg

ジャズ・ポップス、クラシックどちらも対応できる楽器が欲しくて購入。

基本クラシック仕様の楽器ですが、明るい音色で反応も良く、それでいて音も良く飛びます。

モサモサした感じはありませんねぇ...。

輸入元HP→http://www.nonaka-boeki.com/conn/instruments/trumpet/index_1b.html

※2013年売却


JUGEMテーマ:トランペット

BbTrumpet | ZORRO Model II / Raw Brass



詳細画像

Sanada & Co. ZORRO Model

SPに次いで、ローブラス(ノーラッカー)&Lボア仕様です。

明るくオープンな音色です。

日を追って見た目がくすんでいくことでしょう(笑)。

SP→http://satonet.jugem.jp/?eid=22

詳しくは→Click

※2015年4月売却


JUGEMテーマ:トランペット