スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

EbTrumpet | Yamaha YTR-6610S



詳細画像

ヤマハのプロモデルEb/D管...ブラスアンサンブルの持ち替え用。

いきなり余談だが、前のオーナーがほとんど使っておらず、新古品状態で割安で購入できた。

Mボア・ベル:イエローブラス1枚取り(径120mm)・銀メッキ・ライトウェイト

ヤマハのシルキー系?(ライトウェイト)の流れを組む楽器で、チューニング管もリバースになっている。なので立上りや吹き心地は軽快!ヤマハらしくイントネーションも良し。ピッチが安定しないのは奏者の私が悪い(><)。

詳細写真 ←Click!
メーカーホームページ ←Click!


JUGEMテーマ:トランペット


Trombone | Yamaha YSL-353



詳細画像

YSL-345を手放し、トロンボーン安い楽器探し放浪の旅2本目。

ヤマハのカレッジモデルで、ベストセラーの楽器。ベルはレッドブラス...当時のヤマハはゴールドブラスではなく、このレッドブラスだった。

30年以上前の楽器とは思えない程、凹みも無く状態の良い楽器。

※2016年1月売却


JUGEMテーマ:トロンボーン


Trombone | Yamaha YSL-3530R



詳細画像

YSL-345を手放し、トロンボーン安い楽器探し放浪の旅1本目。

ヤマハのカレッジモデルYSL-353の後継機種で、ベルはレッドブラス...YSL-353が細管なのに対し、この機種はデュアルボア(12.70/13.34mm)仕様。より学校現場(吹奏楽)での響きを作りやすいように変更したものと思われる。

※2016年1月売却


JUGEMテーマ:トロンボーン


Cornet | Besson BE1020-2



詳細画像

Bessonのコルネット"BE1020-2"です。

ベッソンのカレッジモデルですが、同社の持ち味が手軽(扱いやすい)に楽しめる機種として、評判の良いモデルです。明るいんだけど柔らかく深みのある音色...とでも言いましょうか?所有しているヤマハとは明らかに音色の指向が違いますね。

やはりベルの形状が違っていて、ベルの開きが緩やかにカーブを描いており、"サックバット(トロンボーンの古楽器)"のような形状に近いです。それゆえなのか?大きいボリュームが幾分出しにくい感じがします(あくまで僕個人の感想です。あてになりませんよ...笑)。

※2015年4月売却

詳しくは→Click


JUGEMテーマ:吹奏楽

JUGEMテーマ:アンサンブル



Cornet | Bundy Selmer



詳細画像

Bundy Selmer社のコルネットです。会社の起源はフランスのSelmer社ですが、当時の社員であるGeorge Bundyがアメリカ国内の経営権を得て製造・販売されたものです。ハイエンドモデルはフランスにて製造、エントリーモデルはアメリカで製造と、棲み分けしていたようです。

このコルネットはベルの刻印にもありますが、Vincent Bachが企画・製造に関わっていた模様です。僕が別に所有しているC.G Selmerも製造はBachですから、アメリカ国内では業務提携していたのでしょうね。

初心者向けという位置付けですが、ベル・管体は厚く、またヴァルブケーシングも2ピース構造で、作りはなかなか良いです。吹き心地はしっかり抵抗感があり、音色は芯のある密度の高い印象です。


JUGEMテーマ:トランペット


Cornet | Yamaha YCR-3330S



詳細画像

ヤマハのコルネットは2種類のベル形状があり、このYCR-3330SはCR-2ベル。

丸みとまとまりがあり、可愛らしい音色(コルネットらしい音色?)...とても当たりが良く吹きやすい。現行品のスタンダードシリーズ(4330・2330)は、既にCR-3ベルに更新されているので、CR-2仕様の楽器は中古でしか手に入らないという事になる。

※2015年3月売却


JUGEMテーマ:吹奏楽

JUGEMテーマ:アンサンブル



Trombone | YSL-354



詳細画像

一度トロンボーン全て手放したのですが、少々寂しくなって、どうしても1本は手元にほしい!...。ということで中古を物色して購入。中古なのに、ほぼ新品?と思えるくらいに状態が良かった!

んで、アウタースライドがニッケルに変更されてまして(純正はイエローブラス)、これまた息を入れた時の反応が良く、ポップスを演奏するときには最適(笑)。

とは言いつつ、あまり吹く機会はないんですけどね〜...。

※2014年売却済み


JUGEMテーマ:トロンボーン

Cornet | YAMAHA YCR-2610S



詳細画像

Ebコルネットです...。あまり吹く機会もないのですが、持っていて損はないかなぁ...的なf^_^)

詳しくは→Click


JUGEMテーマ:吹奏楽

JUGEMテーマ:アンサンブル



BbTrumpet | C.G.Selmer



詳細画像

トランペット奏者であり、バンドリーダー、ソリスト、そして指導者として活躍された故:クラウド・ゴードン(Claude Gordon)氏が自ら設計に携わり開発・販売された楽器で、氏の名を冠してC.G.Selmerと刻印されている。製造はUSA Selmer社(Bach)で、世に2000本しか出回っていないとされる楽器...。

ゴードン氏の弟子で、国内において氏の指導法を提唱し、自らもバンドリーダー、指導者として活躍されている、杉山正先生の紹介で購入した。その個体は、ゴードン氏の自宅に置いてあった最後の選定品と言われている。

ボア470、4-3/4ワンピースベル(イエローブラス)、管体が極薄でマウスパイプもニッケルシルバー、軽い吹き心地ではあるが、製造がBachなためか、特有の落ち着きのある音色が楽しめる。

ゴードン氏や楽器については、杉山先生のホームページに詳しく掲載されているので、参照下さい。http://www.masashisugiyama.com/cgtp.html

大切にします。


JUGEMテーマ:トランペット


Piccolo Trumpet | CPC-7770-YLS



国内では、眞田貿易さんで発売している「ZORRO」トランペット(現在QueenBrassブランド)がとても評判が良く、世界的に評価を高めているホクソン社のピッコロトランペットです。

輸入・販売店のJoybrassさんのコメントによれば、「台湾の多くのメーカーが実質的な生産拠点を中国へと移転するなか、ホクソン社はすべてのパーツを台湾で製作することにこだわり、常に高い品質を保っている新進気鋭メーカーです。 」との事。

A管・Bb管ようのマウスパイプに、コルネットシャンク、トランペットシャンクの2種類が選べるようになっています。

それに、バルブキャップ、ボトムキャップ共にウェイトが替えられるようになっており、自分の好みに合わせてセッティングすることができます。

取り回しが楽なので、持ち替え楽器としては必要充分です。ピッチも良いです。

強いて言えば、僕の技量がまだまだ不足している...ということでしょうか?(泣)

詳しくは→Click


JUGEMテーマ:トランペット