スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

冷蔵庫の修理...霜とりセンサーの交換

先週末に冷蔵庫が調子悪くなりまして、エラーメッセージが「FO-18」と出ていました。ウチの冷蔵庫は日立なのですが、「日立冷蔵庫 FO18」でググると結構故障報告が出てきます。

この故障は、本体真ん中にある冷却ユニットが霜の付着により、上部の冷蔵庫へのダクト口(冷気の通り道)が塞がれ冷蔵庫は冷えず、行き場のなくなった冷気が野菜室に流れ冷えすぎてしまう(野菜に霜がついてしまう)という現象で、本来ならそのユニットに付着した霜をセンサーが感知して、霜の除去が随時行われているはずが、センサー故障により機能しないことが原因ということでした。

そういう事で、内容確認したら自分でも出来そうだったので、部品だけ取り寄せ。



840円也。



野菜室の奥に冷却ファンを表し...。



やっぱり霜が付着しておりました。



ドライヤーで乾燥させて...。



パーツを交換。



交換後の不良パーツ。



交換方法の説明書も添付されていたので、作業時間は賞味30分...ついでに冷蔵庫内の清掃15分、計45分ってところでしょうか。

まぁ、買い替え時にはきているのですが、もう少し頑張っていただきたい!


JUGEMテーマ:生活家電



スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL