Bach 3C



今夜もアンサンブルのリハ。

昨日の疲れは出ずひと安心。

今日はメンバーから聞いてもらいマウスピースの選定…それも同じ型番。

多少は違うだろうくらい思ってたけど全然違う(゚Д゚)!

自分のより借り物の方が皆の評価が良かったというのも皮肉(笑)


JUGEMテーマ:トランペット


コルネットのMP〜5番シリーズ



ロング・コルネット用のマウスピース、どんなのがベストなのか?なかなか情報が無く、取り敢えず少ない情報下でチョイスしたのがBachの5番シリーズ。

写真左から「5A・5SV・5V」

5AはUカップですが、5SVと5Vは文字通りVカップ。



写真でカップの雰囲気わかるでしょうか?

コレ!っと決めるまで、しばらく比べてみたいと思います。


JUGEMテーマ:トランペット


Bach 5A for Long Cornet

ここ1ヶ月、音楽・楽器に対する想いが、かなり高回転(頭が)で動いております。



今回はロングコルネットネタでございます...。

金メッキが、Tilz BakoModel 5C、銀メッキがBach 5A。Tilzhは以前から持っていたMPです。



Bach5A、聞き慣れない型番ですが、Bachのラインナップではカップが"VeryDeep 解説)カップはかなり大きい。リムの内側がやや丸い。甘いコルネットの音色"...と言う事で入手。



ラッパのMPがリム径Bach3C程度・カップV字・スロート20#と太いスロートで、ショートコルネットのMPは、DenisWickの2LでカップはV字でかなり深い...というセッティングのため、ロングコルネットも持ち替えを意識してのチョイス。

確かに、息の入れ方で暖かみのある音色になります。暗すぎず、明るすぎず...。

ダークで深みのある音色を追求するなら、フリューゲルに託せばいいし、まぁ、当分これでいいかな...?

んでも、もともと使ってたTilzもさすがにN.Y.Bachのコピーだけあって、明るさの中でも艶やかな音色で捨てがたい。

悩みますね...。




JUGEMテーマ:トランペット


DW〜合奏で使用してみると...



今日はブリティッシュブラスのリハ参加で上山市に。

経費節減で高速を使わず下道での道のり2時間30分弱(帰りは2時間)は、やっぱり少し疲れます(-_-)...。でも楽しいしタメになるのでOKです。

んで、先日入手したデニスのMP...初めて合奏で使用したのですが、ウォーミングアップ時から"あれ?この間の印象とまた違う...スゲー暗い(@_@)。もっさりしてる..."〜なんて思いながら、合奏に入ると案の定、モニタリング出来ない。自分がどう吹けているのかが解らない(笑)。もう一つの問題が、カップがディープになった事によるピッチが低めになってしまう事...主管をほとんど抜かずして442Hzジャスト。う〜ん。

まぁ、慣れの問題かな?ぐらいで吹いていると、やはりMPに身体が寄ってきたみたい。合奏の後半には正気を取り戻してきた感じ(笑)。

まずはこのまま使う事にします。


JUGEMテーマ:音楽活動


Jupiter 12C

たまに吹くトロンボーン...。

一時は楽器からマウスピースまで全部処分したのですが、やっぱりたまに遊びたくなるもので...f^_^)。

結局スチューデントモデル1本だけ今年はじめに買い直して持っています。



んで、マウスピース。

楽器に付属していたヤマハのNo.48...これが今の自分には大きくて吹けない。

もともと現役の時も基本12Cだったので、やっぱり12Cが1本欲しくて...。メーカーとか細かいことは一切気にせず、結局入手できたのがJupiterブランドの12C。



やっぱりリムもカップも一回り小さくなったので吹きやすい。



欲を言えば、この12Cより、もっとカップの浅いのが息の返りも早くて楽になるかな?でも、楽器全体のピッチが上がってバランス悪くなっちゃうかな?



っていうことで、マウスピースとは関係ありませんが、バランサーを外して楽器全体を軽めの吹き心地に。

遊ぶにはこれで十分かな?...。

あ〜そうなると、キングのジグ・ウィグハムモデルのような、ライト・ウェイトが欲しいなぁ...あ、遊びじゃなくなる(>_<)。


JUGEMテーマ:トロンボーン


デニスウィック 2L



デニスウィックのコルネットのマウスピースが届いた。

型番は2L...もちろん中古で購入(;^_^A。…というか、新品だと結構高い...13,000円くらいΣ(゚д゚lll)。





ちなみに2LのLは、アメリカ管やヤマハに合わせたラージシャンクの事。カップはかなり深めのVカップ。
※全写真右側がヤマハ

もともと使っていた手持ちのヤマハ11E4と早速吹き比べ。

ちょっと拍子抜けしたf^_^;。

デニスの方がカップが深い分、かなり音色がダークになるのかと思いきや、ヤマハのそれとたいして変わらない。逆にヤマハの方が温かい丸みのある響きがする。恐らく、U字形状のカップだからだろう。

対してデニスは、艶のある音色がする。若干リム径も大きくなるお陰で窮屈さも感じない。

いずれにしろ、バンドで吹いてみると、いろいろな事が解るでしょう。


JUGEMテーマ:トランペット


マウスピースの選定



アンサンブルの練習で持参した、ショートコルネットのMPの選定。

ひとつはDW、ひとつはY。

友人に聞いてもらい、Yにすることにした。

自分の印象と相手の感想の違いが新鮮な感覚(^∇^)


ヤマハ No.11



ヤマハの旧ラインナップのマウスピースです。

先日取り寄せた現行モデルとは、やはり違いますね。


練習用MPとNo.11

下手な横好きラッパ吹きの、下らない話...



↑ヤマハ練習用MP

実は、僕的になかなか吹きやすいんです(笑)。

メーカーとしても、なにかの型番をベースに作ってるんだろうな...と思い、SNSで情報を求めたところ、"No.11じゃないか?"という情報が入ったので早速入手。



確かに、リムと、リムバイト、カップの形状等、酷似してます。ただ、ショルダーが、練習用はなだらかな形状に対し、No.11は明らかに立っています。そのせいか、気持ち音の立ち上がりが早く、音色が明るめな感じがします。

今、メインがBach6Cですから、幾分小さめのサイズとなるので、本番使えるか否か?...練習で試して行きたいと思います。


JUGEMテーマ:トランペット


11C4N改



水曜日の練習が、あまりにボロボロだったので、昨日今日と自分の見直し。

疲れきったところで、それでも音が出せるマッピとなると、これしかなさそう。

中川喜弘先生からスロートを調整していただいた、ヤマハ11C4N改。