BbTrumpet | Nikkan TR-231



詳細画像

日本管楽器製造(日管)の製造で恐らく1969〜1970年あたりの楽器です。

当時の日管のトランペットのラインナップは、TR-1・TR-2があり、TR-1はインペリアルグレード(上位機種)で、TR-2はカレッジグレード(量産型)という位置付けのようです。後にTR-2からTR-3へモデルチェンジしたようです。詳しくは、http://sound.jp/imperiale-japan/ ←こちらのサイトが詳しく解説されています。

吹いた印象は、抵抗感は強めでコンパクトにまとまった感じがあり、音色はとても明るく華やかです。ベルのシェイプが細めで開きが急な形状がそうさせているのだと思います。

年数の割りにとてもきれいな外観で、修復歴も無し...大事にしたいと思います。


JUGEMテーマ:トランペット



Bb Trumpet | Yamaha YTR-8335RGS



詳細画像

XENOのラインナップで唯一リバースチューニング管を採用した、元NHK交響楽団の佛坂咲千生先生が監修したモデルと言われていますね。適度な楽器の重量感と心地よい息の流れにより、落ち着いた音色とスムーズな演奏が両立した楽器です。

YL-IIベル、MLボア、ゴールドブラス1枚取り...マウスピースレシーバーが若干厚め、第1、第3トリガー共リング状になっていて、外観上も特徴のあるデザイン。

どんなシーン、ジャンルでも使え取り回しもラク...とても良い楽器だと思います。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/trumpets/bb-trumpets/xeno_series/ytr-8335rgs/

残念ながら、生産完了品となりました。後継機種は"YTR-8345RS"。

余談ですが、私の所有ではなくカミさんの楽器です。


JUGEMテーマ:トランペット



Trombone | King 2103



詳細画像

ビッグバンドに所属していた頃はずっとKingを使っていましたね〜。2B・3B・4B・6B...ベルの材質もシルバーソニック、イエローブラス、ゴールドブラス...仕上げもラッカー、シルバーいろいろ。年代も2BはLibatyとか、3BはConcertとか...恐らく10本以上の楽器は使用したと思います。

バランサーも現行品(写真)が気に入らなくて、通称"復刻版バランサー"、またの呼び名は”スクリュー・バランサー”に交換したりして...。

Kingの魅力は何と言っても温かくて明るい音色だと僕自身は感じています。現行品よりひと時代前の楽器の方が、その傾向は顕著な気がします。※それで古いKingを求める人が多いのだと思いますが...。

このKing3Bは最後に手にしたものです。現行品ですので、クセがなく優等生な感じです(笑)。

http://www.nonaka.com/king/index.html

※2014年10月売却


JUGEMテーマ:トロンボーン

JUGEMテーマ:ジャズ



Cornet | YAMAHA YCR-6330SII



詳細画像

ブリティッシュ・ブラスバンドのエキストラ出演に際し、必要に迫られて購入。

ヤマハBbコルネットは製造年代によって、ベルの形状がCR-2とCR-3の2種類があるのを後に知った。詳しい経緯は解らないが、前者はベルの胴部分が細め。後者は太め...この違いは自分でも解る。このYCR-6330SはCR-3ベル。
個人的な印象は、CR-2ベルは丸みとまとまりのある、可愛らしいコンパクトな音色(コルネットらしい音色?)。CR-3ベルは、少しダークで深みのある音色...大きい音量にも対応する印象。Classic、Jazz双方で使えるという意味では、CR-3ベルの方が自分には使い勝手が良いと判断...。

どっぷりブラスバンドに浸るのであれば、同社のNEOシリーズなどの選択肢もあるけど、持ち替えや、様々なシーンで使う事を想定すれば、取り回しがラクでいい感じ。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/cornets/professional/ycr-6330sii/?mode=model


JUGEMテーマ:吹奏楽

JUGEMテーマ:アンサンブル



Valve Trombone | Jupiter VL528L



詳細画像

ヴァルブトロンボーンって、以前は興味なくて、スライドトロンボーンと比べて見た目は悪いし(というか地味)使い道あまり無いし...。トロンボーンらしいスライドワークが出来ないのは致命的だし...なんて思ってたのです。恐らく今もトロンボーン吹きだったら買っていないかも知れません。

たまたまプロのトランペット奏者の方が使っている動画などを見て、それこそヴァルブトロンボーン奏者で有名なBob Brookmeyerを少し聞くようになって、面白そうだな...という興味本位で、たまたまある楽器店の中古で捨て値だったものを購入。

この楽器、一見「あれ、King?」と勘違いするようなベルセクションの支柱が目につきます。この楽器自体はJupiter社の初期型の楽器ですので、現在は真っ直ぐな支柱に仕様変更されています。

小編成のバンドの時に、曲により持ち替えて使いたいなぁ...と思っていますが、なかなか出番はありません(笑)。


JUGEMテーマ:トロンボーン



Trombone | Yamaha YSL-651



詳細画像

名器と言われたYSL-651...レッドブラスベルに、内外スライド、グースネックからチューニング管までニッケルシルバーという特徴ある外観。修復歴無し、メッキ・ラッカーの剥げもなしという、とても良い状態の楽器を手に入れることができた。

実はこの楽器2代目...
以前のはこちらに掲載→http://satonet.jugem.jp/?eid=873

もう滅多に使うことはないけど、何かしらの折に持ち替えようとして。


JUGEMテーマ:吹奏楽

JUGEMテーマ:トロンボーン



Baritone Horn | TheMarcato BH-100S



詳細画像

下倉楽器さんがプロデュースし販売している管楽器ブランド”TheMarcato”のバリトンホーン。持ち替え用、もしくはサクソルン系の編成でのアンサンブルをするときに使えるかな?と思い中古で購入。

調子: B♭
バルブシステム: 3ピストン
ボアサイズ: 12.7mm
ベル材質: イエローブラス
ベルサイズ: 210mm
仕上げ: 銀メッキ

ボアが12.7mmと、細管のトロンボーンと一緒。やはり明るい音色がしますね...。
いつ出番があるかは分りません...。

http://www.shimokura-marcato.com/brasshorn/bh100s.html


JUGEMテーマ:吹奏楽



Bb Trumpet | Yamaha YTR-732



詳細画像

1970年代に製造されていた当時のプロモデル。

Mボア ・127mmベル ・リバースチューニング管 ・イエローブラスベル ・銀メッキ仕上げ

当時シルキーとの技術提携のもとに生産された時代の個体で、現行のZシリーズや83シリーズの原型といえる根強い人気のあるモデル。Mボアゆえ、ライトウェイトで扱いやすい割に、落ち着いた芯のある音色も出せる表現力豊かな楽器。 ※当方の主観ですが...。

JUGEMテーマ:トランペット


Bb Trumpet | King Tempo 600



詳細画像

KING社のトランペットって...実はイマイチ解っていない。今はConn-Selmer社の傘下だし(Bachもこの傘下)、その前はU.M.I(United Musical Instrument)だったりで、ConnとKing各メーカーで同一の機種を販売していたりしていた。

この”Tempo 600”は会社が合併する前からこのデザインで販売されていたので、King社のオリジナルデザインと思って差支えないだろう。※現行モデルは"Tempo601"として、1番トリガーも付属したモデルとなっている。

イエローブラスベル、MLボア...外観はスリムで横長な印象を受ける。事実マウスパイプの直線部は他のメーカーより明らかに長めである。そのためか、息の入り方が幾分タイトで、音の当て方(ツボ?)も狭い印象で、しっかり狙って演奏しないと音を外してしまう(あくまで自己の技術レベルで)。
音色は明るく華やか!

※2016年1月売却

JUGEMテーマ:トランペット


Bb Trumpet | Benge 6XM



詳細画像

ベンジのクラウド・ゴードンモデル...ただし量産型でしかもシルバープレート。

基本的なセッティングは、ライトウェイト&ラージボアの6Xをベースに、ベルだけ468ボアのものが装着されている。ベルはイエローブラス

本来のC.G Bengeは、ラッカーが基本でフィンガーボタンがメタル、1stスライドのサムフックなし、ベルの付け根にCGの刻印だそう。この後量産型は、2ndバルブケーシングにCGの刻印、フィンガーボタンも貝があしらわれている。輸入元のZENONのタグも残っている。

外装は、前のオーナーがヤスリで表面を擦ったために、サテン仕上げ風になってしまっている(恐らく表面が酸化して黒くなったのを落とそうとしたと見受けられる)。

音色は明るく温かな印象で、BachやYamahaとも違った魅力がある。C.G Selmerとも若干違う印象。

ただ、個体の問題なのか?1番ピストンを押した時の倍音列(特に実音C※第4線)のピッチが低めな為、注意が必要。


JUGEMテーマ:トランペット