荘内金管合奏団 結成5周年・秋の公演



コンサートのご案内♪

荘内金管合奏団 結成5周年・秋の公演
“周年祭をワインで祝おう♪”

日時:2017年10月28日(土)
   18:30案内開始 19:00開演
会場:鶴岡アートフォーラム・交流広場
主催:荘内金管合奏団
入場料:1,000円(高校生以下無料)
ゲストソリスト:井上直樹
(山形交響楽団首席トランペット奏者)

【予定曲目】
・高貴なる葡萄酒を讃えて/G.リチャーズ
・道(トランペットソロ:井上直樹) / N.ロータ
・ゴッドファーザーのテーマ(トランペットソロ:井上直樹)/ N.ロータ
・三大テノールアリア(トランペットソロ:井上直樹)/ G.プッチーニ ...他

‪【チケットの取扱い】‬
‪★八文字屋エビスヤ店(鶴岡市上畑町3-38)‬
‪★おんがくハウス(鶴岡市大宝寺町2-12)‬

お陰様で”荘金”は今年で結成5周年を迎えました。
金管楽器による合奏、室内楽を愛する集団として、より地域の皆様へその魅力をお伝えするべく、今回は山形交響楽団首席トランペット奏者・井上直樹氏をお招きしプログラムを構成しました。より金管楽器、金管合奏の魅力を多くの皆様に聴いて頂きたく、メンバー一同練習に励んでいます。
荘金の柱である金管10重奏はG.リチャーズの”高貴なる葡萄酒を讃えて”...記念すべき周年祭をワインで祝おう?という趣旨です(笑)。トランペットの井上先生と、イタリアの作曲家で映画音楽でも有名なN.ロータの”道”や”ゴッドファーザーのテーマ”、同じくイタリアの作曲家G.プッチーニのオペラから有名なアリアをメドレーにした楽曲をお送りします。
今回、一般の方は入場料1,000円ではございますが、高校生以下の方は無料で開催します。秋の週末の夜は是非アートフォーラムでの響きをお楽しみください...ご来場をお待ちしております!

【お問合わせ】
事務局(加藤)まで
TEL:070−6950-7785
E-mail:shonaibrass@yahoo.co.jp
HP:http://sbinfo.jimdo.com/

1500ccの車に乗り換え



仕事用で乗っていた軽自動車から1500ccの車に乗り換えました...といっても、先立つモノはありませんので、超低年式車ですけどね。

4月から息子が保育園に入園し、送り迎えは基本的に自分が担当。自ずからその軽自動車に乗せて移動する機会が多くなるのですが、そこで考え始めたのが安全性と使い勝手。

軽自動車の安全性能って、普通車に引けをとらない的なPRをメーカーでしていますが、実際のところどうなんでしょう?

【パパママ必見】軽自動車VSミニバン 安全性比較
https://lineup-cars.sakura.ne.jp/4188.html

やはり車重の重い軽いでの衝撃の受け方は、必然的に軽い方の車体への損傷は大きいと考えます。

軽自動車自体、実際に乗ってみれば一番肌身で解るわけですが、経済性や使い勝手を考えると便利ですよね。自分一人で乗って歩く分には申し分ありません。

そして、乗り換えに至った要因としてもう一つ、"子供の乗せ降ろし"です。

ママの間違いだらけの車選び
https://momonestyle.com/definitely-full-of-choosing-a-car

↑スライドドアはあった方がとっても便利

これは、ホントにその通りでした。保育園の駐車場で隣の車を気にせずドアの開け閉めができて、子供の乗せ降ろしが楽になりました(軽自動車の後部座席のドアなんてそんなに幅とらないでしょう?なんて思われますし確かにその通りなのですが)。スーパーの買い物で多少狭い場所への駐車もストレスがなくなりました。

最後に車格です。2BOXのトールワゴンもいいのでしょうが、仕事で乗り歩くに取り回しが楽でありたいし...と考えると1500ccクラスがベストかな?そんでもって重心があまり高くならないような車高。

ってな基準で選びました。

外見はボロい車ですが、優先すべきは息子の安全のために。


JUGEMテーマ:車/バイク



「仕事ができない人」の特徴ランキング

自分への戒め含め...備忘録。

1位:仕事のタイムリミットを決めず、ダラダラと作業をしている
2位:デスクが散らかっている
3位:ミスを人のせいにする
4位:責任感がない
5位:ミスをなかなか報告しない
6位:自分ができると勘違いしている
7位:知ったかぶりをする
8位:遅刻しがち
9位:周りとコミュニケーションをとらない
10位:すぐに「できない」と弱音をはく11位
11位:何でも引き受けて、手が回らない
12位:メモを取らない
13位:小さな仕事を甘く見る
14位:身なりがだらしない
15位:ネガティブな発言をする
16位:他人に仕事を頼むのが下手
16位:決断しない
16位:妬む
19位:素直さがない
20位:想像力が乏しい21位
20位:失敗を恐れている
21位:過去の経験だけで生きている
23位:話が長い
24位:人間関係のストレスに弱い
25位:他人の短所につけこむ
26位:メールの返信が遅い
27位:自分の考え方に自信がない
28位:常に忙しそうにしている
29位:自己投資を惜しんでいる
30位:完璧主義

gooコラムから転載しました
https://ranking.goo.ne.jp/column/1281/


JUGEMテーマ:仕事のこと



ブログ開設10年

ほとんど更新できず放置したままのブログですが、なんと2007年8月に開設してから10年経ちました。

いろいろコメントしたいことはあるのですが、SNSで気軽に吐き出しているとブログの更新まで気がいかないのが現状です。それはホームページの更新についても同じで、ほぼ放置状態(笑)。

でも、個人の記録としては、やはりSNSとは趣が違うわけで、その利点を生かした更新を少しでもしていけるようにしてゆきたいな...と、思います。

また1年後、同じようなコメントをしているような気もしますが(汗;)...。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。


カトサト

凹んでしまった車の屋根の補修

カミさんが乗っている車...冬の落雪に見舞われ、凹んでしまった車の屋根の補修。


↑ 写真でも解る凹み具合


↑ 熱湯かけて板金柔らかくして、プランジャーで引っ張り上げるという作業。


↑ だいぶ目立たないレベルまで戻ったので、作業終了♪(´ε` )


JUGEMテーマ:車/バイク

BbTrumpet | Nikkan TR-231



詳細画像

日本管楽器製造(日管)の製造で恐らく1969〜1970年あたりの楽器です。

当時の日管のトランペットのラインナップは、TR-1・TR-2があり、TR-1はインペリアルグレード(上位機種)で、TR-2はカレッジグレード(量産型)という位置付けのようです。後にTR-2からTR-3へモデルチェンジしたようです。詳しくは、http://sound.jp/imperiale-japan/ ←こちらのサイトが詳しく解説されています。

吹いた印象は、抵抗感は強めでコンパクトにまとまった感じがあり、音色はとても明るく華やかです。ベルのシェイプが細めで開きが急な形状がそうさせているのだと思います。

年数の割りにとてもきれいな外観で、修復歴も無し...大事にしたいと思います。


JUGEMテーマ:トランペット



Bb Trumpet | Yamaha YTR-8335RGS



詳細画像

XENOのラインナップで唯一リバースチューニング管を採用した、元NHK交響楽団の佛坂咲千生先生が監修したモデルと言われていますね。適度な楽器の重量感と心地よい息の流れにより、落ち着いた音色とスムーズな演奏が両立した楽器です。

YL-IIベル、MLボア、ゴールドブラス1枚取り...マウスピースレシーバーが若干厚め、第1、第3トリガー共リング状になっていて、外観上も特徴のあるデザイン。

どんなシーン、ジャンルでも使え取り回しもラク...とても良い楽器だと思います。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/trumpets/bb-trumpets/xeno_series/ytr-8335rgs/

残念ながら、生産完了品となりました。後継機種は"YTR-8345RS"。

余談ですが、私の所有ではなくカミさんの楽器です。


JUGEMテーマ:トランペット



Trombone | King 2103



詳細画像

ビッグバンドに所属していた頃はずっとKingを使っていましたね〜。2B・3B・4B・6B...ベルの材質もシルバーソニック、イエローブラス、ゴールドブラス...仕上げもラッカー、シルバーいろいろ。年代も2BはLibatyとか、3BはConcertとか...恐らく10本以上の楽器は使用したと思います。

バランサーも現行品(写真)が気に入らなくて、通称"復刻版バランサー"、またの呼び名は”スクリュー・バランサー”に交換したりして...。

Kingの魅力は何と言っても温かくて明るい音色だと僕自身は感じています。現行品よりひと時代前の楽器の方が、その傾向は顕著な気がします。※それで古いKingを求める人が多いのだと思いますが...。

このKing3Bは最後に手にしたものです。現行品ですので、クセがなく優等生な感じです(笑)。

http://www.nonaka.com/king/index.html

※2014年10月売却


JUGEMテーマ:トロンボーン

JUGEMテーマ:ジャズ



Cornet | YAMAHA YCR-6330SII



詳細画像

ブリティッシュ・ブラスバンドのエキストラ出演に際し、必要に迫られて購入。

ヤマハBbコルネットは製造年代によって、ベルの形状がCR-2とCR-3の2種類があるのを後に知った。詳しい経緯は解らないが、前者はベルの胴部分が細め。後者は太め...この違いは自分でも解る。このYCR-6330SはCR-3ベル。
個人的な印象は、CR-2ベルは丸みとまとまりのある、可愛らしいコンパクトな音色(コルネットらしい音色?)。CR-3ベルは、少しダークで深みのある音色...大きい音量にも対応する印象。Classic、Jazz双方で使えるという意味では、CR-3ベルの方が自分には使い勝手が良いと判断...。

どっぷりブラスバンドに浸るのであれば、同社のNEOシリーズなどの選択肢もあるけど、持ち替えや、様々なシーンで使う事を想定すれば、取り回しがラクでいい感じ。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/cornets/professional/ycr-6330sii/?mode=model


JUGEMテーマ:吹奏楽

JUGEMテーマ:アンサンブル



Valve Trombone | Jupiter VL528L



詳細画像

ヴァルブトロンボーンって、以前は興味なくて、スライドトロンボーンと比べて見た目は悪いし(というか地味)使い道あまり無いし...。トロンボーンらしいスライドワークが出来ないのは致命的だし...なんて思ってたのです。恐らく今もトロンボーン吹きだったら買っていないかも知れません。

たまたまプロのトランペット奏者の方が使っている動画などを見て、それこそヴァルブトロンボーン奏者で有名なBob Brookmeyerを少し聞くようになって、面白そうだな...という興味本位で、たまたまある楽器店の中古で捨て値だったものを購入。

この楽器、一見「あれ、King?」と勘違いするようなベルセクションの支柱が目につきます。この楽器自体はJupiter社の初期型の楽器ですので、現在は真っ直ぐな支柱に仕様変更されています。

小編成のバンドの時に、曲により持ち替えて使いたいなぁ...と思っていますが、なかなか出番はありません(笑)。


JUGEMテーマ:トロンボーン